国内でAPI取引が行える仮想通貨取引所一覧

取引所

国内でAPI取引が行える仮想通貨取引所をまとめています。
APIを利用して自動売買ツールを構築できる取引所探しの参考にしてみてください。

仮想通貨でAPIを使う際の取引所のポイント

仮想通貨でAPIを使う際の取引所のポイント

APIとは

APIは仮想通貨取引所が提供しているサービスで、HTTPS形式でデータ送受信して取引や価格参照ができます。

Java、Node.js、Pythonといったプログラミング言語を使って、価格の参照や取引注文をできます。

特に言語による差はないですが、Pythonを利用している方が多いですね。

毎日定額購入といった『同じ作業を繰り返し実行』したり、アービトラージのように『速さが求められる』処理に向いています。

取引形式(販売所/板取引/2Wayプライス)

取引所の提供するサービスの取引形式は売り買いの価格が並ぶ「板取引」の方がAPIトレードはしやすいです。

板取引

bitFlyer

APIが提供されているのは「板取引」がメインとなりますので、「販売所」「2Wayプライス」形式の取引所は現状APIを提供していません。

手数料

現物取引については手数料がかかるところが多いです。
手数料については%単位で、約定数量に応じて手数料がかかります。

0.1%を超えるとかなり高いので、利用したいサービスの手数料が安い取引所を選びましょう。

国内の仮想通貨取引所のAPIサービス

サービス

2021年1月現在APIを利用できる仮想通貨取引所をまとめています。

  • ZaifはAPI品質が悪いので△にしています。
  • BITPointはハッキングから出来高が回復していないので△にしています。
  • DMMビットコイン、TAOTAOは2WayプライスなのでAPIを提供していません。
取引所 API BTC現物取引手数料 取引高
bitflyer 0.01~0.15% 400億円
1位
bitbank メイカー:0%
テイカー:0.05%
271億円
2位
Liquid by Quoine 0% 251億円
3位
コインチェック 0% 158億円
4位
GMOコイン メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
59億円
5位
BTCBOX 0.05% 22億円
7位
Huobi Japan メイカー:0.008~0.100%
テイカー:0.024~0.100%
2億円
8位
Zaif メイカー:0%
テイカー:0.1%
42億円
6位
BITPoint 0% データなし
DMM Bitcoin × 0% データなし
TAOTAO × 0% データなし
  • テイカーは成行注文、メイカーは指値注文
  • 出来高はCoinGeckoから取得(2021/1/19の「24H取引高(正規化値)」)

Liquid by Quoineコインチェックが手数料なしで取引高が多いので現物に近い価格で売買できます。

また、GMOコイン は板はやや薄くなりますが、送金手数料が無料なので持っていると便利ですよ。

国内でAPI取引が行える仮想通貨取引所一覧まとめ

APIを利用できる仮想通貨取引所を紹介しました。

自分の利用したいサービスに応じて取引所を選んでみましょう。

APIでシステムトレードを実装するならさくらのVPS などの外部VPSを利用すると24時間稼働できて便利です。

価格で選ぶならさくらのVPS 、使いやすさ、安定性で選ぶならConoHa VPS がいいですよ。

自作アービトラージbotの動かし方も参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です